丹南山岳自転車部録

アクセスカウンタ

zoom RSS Report -- Shimano"Suzuka"Road

<<   作成日時 : 2009/09/06 21:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

画像

鈴鹿サーキットです。
シマノ鈴鹿ロードは、3年ぶり(昔のレポートはコチラにいくつか・・・)。
今回は日曜だけ参加ということで、早朝のマスター30+と、お昼のエリートに出場しました。


■30日未明

6時15分からの試走に、一通りの準備を終えられるように、なんと1時半起床。
チームメンバーと集まって、出発。
画像

新しく出来た新名神を使って、鈴鹿I.C.まで1000円。
所要時間は、関ヶ原から下道の方が速いかもですが、
眠くならなければ、気は楽です。


■第7駐車場

これまで選手の無料駐車場として使われてきた教習所エリアと第5駐車場が、今年
からは有料予約制となった。
ので、おとなしく第7駐車場に車を止めて、台車を引いてとぼとぼ歩く。
身体は自然に温まるけど、代車を引く腕は痛いです。


■マスター30+
画像

3周しかないので、序盤から集団前方へ。
2周目のシケインへは5番手で入ったらしい。
画像

がその後、5〜6人の逃げが出来る。
ある強豪チームからは2人が逃げに入っていたので、このまま最終周回に入るのは好ましくないと思い、
メイン集団の先頭交代に加わり、2周回目の内に吸収した。

2周目の最後にはスプリントポイントが設定されているが、集団中ほどに戻った自分には届かない位置。

最終周回、出来るだけ集団前方をキープする為に頑張ってきたが、足はパンパン。

先頭20人以内で、最終コーナーを立ち上がったが、スプリント体勢に入ることもできない。
残り300mの看板を確認したところで、完全失速。
バンバン追い抜かれながら、一応先頭集団ゴール・・・の52位。
ゴールライン通過速度は最下位かも。
画像

過去の、いつも集団最後尾近辺にしか居られなかった事を思えば、上出来か。
出し切った感もあり、順位とは無関係に満足。

心拍数 : 190/176 bpm
ケイデンス : 136/104 rpm
速度 : 62.9/41.21 km/h



■エリート

あまり、回復した感じはしなかったが、時間はやってくる。
しかも、すっかり気温が上がって、とにかく暑い。
とくにウォーミングアップもなく。軽くストレッチ程度で、召集へ。

30+の様子から上位入賞できる感じではなかったものの、
何もせずに7周走るのもどうかなー?とも思う。

スタート時、気が抜けていたのか、サングラスがヘルメットに刺さったままだった。
シケインを抜けて落ち着いたところで、かけなおす。

最初はウォーミングアップのつもりで、集団後方に。
しかし、けっこう長い集団の列に不安を覚え、
1周目のスプーン当りから、集団の中ほどへ上がる。
暑さからか、緊張からか、口が渇く。


2周目も集団の前半分くらい位置をキープを心がける。

2周目の終わりのスプリントポイントでは、遅れないように注意するのみ。
前には出られず。

気が付けば、2人が前方に離れている。
そのままマウンテンポイントを通過するつもりかな?
と思ったけど、徐々に集団との距離が縮まっている。

調子も戻ってきたし、まだ足も残っているここで狙ってみよう!!

混雑しやすいインは避けて、アウトからと思ったら、いい感じに抜けられるスペースがあり、徐々に左に移動して、逃げが吸収される直前、スタンバイ完了。
すると、イン側からダンシングで加速する選手が。
同時に自分も加速。

しばらく並行。

続けるか、諦めるか迷った頃、相手は失速。
自分が先頭になった。

後ろから追ってくる選手がいるのかいないのか?
分からないが、踏み続けた。
振り返ると、集団とは30mくらい離れていただろうか。

マウンテンポイントを単独通過。

しかし、まだ集団は結構後ろ。
このまま単独逃げ?
と一瞬考えないわけではなかったが、それは無謀と心拍数が教えてくれる。

ヘアピンを超えたところで、集団に吸収。落ち着くまで、集団前半キープに徹する。
もう、これで今日の仕事は終わりでもいいなーとさえ思ったり、あとは完走できれば十分だろうと思ったり。

4周目を終える頃徐々に落ち着いてきた。
4周目最後のスプリントポイントも集団後方に落ちないように注意して通過。

そして、2つ目のマウンテンポイントが設定された5周目。

そうか、山岳自転車部という名は、マウンテンポイントが似合うかも!
2つ目も狙うか!?
と思ったが、3人の逃げが、100mほど先を走る。
これは届かない・・・


5周目を終盤には、心拍数が148bpmまで落ちていた。
もう完走は間違いなし。
集団の前の方がキープ出来ているので、落車の危険も少ない。


2人?の逃げグループが先行する、
6周目のダンロップコーナーへ向かう頃、後ろから警笛をならすバイクが?
これって、後ろから早い人達がくる合図ですよね?

エリート2組の6分前にスタートした、5ステージ・スズカの最終ステージだ。
何台ものバイクが、コースを規制し、エリート2組目は、コースの左半分に追い込ま
れた。

下りのS字コーナーを全くスピードレンジの違う2クラスが同時に走る。
コース幅は実質半分。なかなかの緊張感。

そしてホームストレートを上がると、5ステージの選手は、コース右側に立ち止
まっていた。
何気に、ゴールスプリントが行われていたのだった。
さぞかし、厳しい駆け引きがなされていたことでしょう。

こちらの6周目最後のスプリントポイントもちゃんと競えたのかな?

そしてシケインを抜ければ元通り最終周回へ突入。
ここまできたら、ゴールスプリントに絡むしかない。とにかく前方をキープ。

スプーンを抜けて、集団左前方に。
ヘアピンを自己過去最速度抜けたあと、これはいい感じでは!?
デグナーとダンロップもいい位置をキープして・・・
と思っていたが、高速でS字を下っている最中に繰り広げられる位置取り合戦。
正直ビビッた。
何人かに抜かれ、気が付くと、最終コーナーでは、取り返しの付かないほど人数が。
イン側から攻める術はなくなり、コーナーの途中で、アウト側から早めに仕掛ける。

スリップはほとんど使えないが、追い風に助けられたか。
イン側の団子を追い抜くが、まだまだ前方に。
ざっと10数名か。
しかし、諦めずに踏ん張る。

徐々に失速しながら何人かを抜く。
10位以内は無理と半ば諦めながらも、踏むのはやめなかった。

すると、前方の選手が失速。
なんとかゴールライン手前で、追い抜き、8位に入った。


しかし、いつも強い選手は、もっと集団の前方を確実にキープし続けているし、もちろん先頭を引いている時もあるし、だからこそゴールスプリント前の位置取りも間違いない。
表彰台に上がるには、まだまだ足りないものがあると分かった次第です。


3年前よりは、集団前方をキープできるようになったし、
その結果マウンテンポイントをとることも出来た。

独身時代よりは速くなってる(ちょっとだけですが)事には、大満足。感謝です。


心拍数 : 189/170 bpm
ケイデンス : 134/100 rpm
速度 : 72.5/40.81 km/h

70km/hオーバー!?
最後のS字で?
だとしたら私には怖いはず。
多分、これまでの自転車ライフで最高速度です・・・


■ポラールCS200cadとコントロールライン

エリート7周を走ってハッキリと分かったことがあります。

ポラールのCS200cadを使用しています。車速が0になると計測を停止するオートモードに設定していますが、
鈴鹿のコントロールライン?(今回のコースで言うと、メインストレートの終わりのほう。シケイン手前の緩い左カーブの手前)を通過するとき、計測が停止します。んで、すぐに元に戻る。
毎周回必ず。

ま、それだけ。



執筆:kan

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鈴鹿サーキットへ行ってきました。
鈴鹿サーキットです。 今年は、鈴鹿がリニューアルされ、ピッカピかでした。 ...続きを見る
楽観的ブログ
2009/09/07 07:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れっしたー。
カクタスも頑張りましょう(+´゚∀゚`)=b
ブリーザ
2009/09/07 15:07
はい、がんばりましょう!
楽しみましょう!
kan
2009/09/08 22:35
はじめまして。
主にオンロードをマウンテンで約2年 そして ロードを先月から始めましたトレックといいます。
臨場感あるレポート。スゴい世界があるんですねぇ〜
楽しめました。

いつもは どんなとこ練習されてるんですか?
トレック
2009/09/09 07:25
トレックさん、こんにちは。

いつも・・・というほど決まった練習はしていませんが、
越前海岸だったり、池田町だったり、いろいろです。
30km〜100km超まで、時間に合わせてテキトーに。
ダートはなかなか行けません〜

ブリーザさんとカクタス出られるんですか?
楽しんでいきましょう!!
kan
2009/09/09 22:17
kanさんおはようございます。
ブリーザさんとカクタス3時間エンデューロに出ます〜
4人で2チームに分けての出場です。

大会というと、今年のグランフォンドにマウンテンで100キロ参加したぐらいで、オフロードの大会は初めてです。

kanさんは明日のヒルクライムですか?
天気が心配ですねー
トレック
2009/09/11 06:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
Report -- Shimano"Suzuka"Road 丹南山岳自転車部録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる