丹南山岳自転車部録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【GIANT】自転車バラシ&組み立ての道のりD【配線&D調整2】

<<   作成日時 : 2009/10/14 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

次に、フロントディレーラーに移ります。

話が前後しますが、チェーン取り付け前にフロントディレーラーを取り付けます。
チェーンガイドが、クランクのリングと平行になるように。
そして高さ方向は、クランクのリング歯先がディレーラーから1mm〜3mmの間にくるように。
(新品買うと、写真のようなシールがついてるんだけどね)
スペシャのディレーラーが転用不可のため、新たに XT FD-770(トップスイング) を購入しました。
画像



取り付けたら、インナーギア(ロー)側の調整です。
リア側をローにします。
内プレートとチェーンの間が0〜0.5mmになるように、ボルトで調整します。
(ちょっと隙間があるかな?ってくらいです。(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン適当ですw)
画像



次にケーブルをつなぎます。シフターはローに。ワイヤーを引っ張りながら。
画像



次にフロントギアをアウター(トップ)に上げ、リアをトップにし、外プレートとチェーンの間が0〜0.5mmになるようボルトで調整します。(上写真の「H」のボルト)
まぁこれも適当ですw
上手くギアが上がらなかったらもっと回したりと微調整しながら合わせます。


ミドルギアの調整は割愛w
取説参照w


これで前後ディレーラー調整が完了しました。

あとはワイヤーを切って、キャップつけてと。


リアのワイヤーブレーキを取り付け、ケーブルも固定しま…すが?

オォォー!!w(゚ロ゚)w長さが足りないw

フレームの止め具につなごうとすると、全然長さが足りない!!!

ケーブル取り替えると、オイルも交換になり、またお金がかかる!!

仕方無いので、別ルートにしました。
下写真の青線が本来のルート。赤線が別ルート。タイラップで固定しました。
画像





という訳で。

とりあえず、乗れる状態にはなりました。
画像


ブレーキレバーやシフターの角度調整済み。
シートの位置調整済み。

あとは、グリップの到着を待つ。

のと、リアサスの空気圧調整。とリバウンド?調整?(まだ取説見てないのでw)


なんとか金曜日には試運転できそうですな。

仕事に合間が出来れば…。



執筆:ブリーザ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
細かい解説まで!!
すばらしいです。お疲れ様でした。
今度は乗って走って楽しんで気持ちよく疲れましょう。
kan
2009/10/14 23:16
>kanさん

次回組み直す時に忘れないように、メモ代わりにアップしました。
一から組むことで、色々仕組みが分かり勉強になりました。
が、かなりの手間です。工賃高いのもうなずける〜。

仕事終わりにコツコツやって、ここまで4日かかりました。
一番時間がかかったのが、ディレーラー調整という…。
ブリーザ
2009/10/14 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
【GIANT】自転車バラシ&組み立ての道のりD【配線&D調整2】  丹南山岳自転車部録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる