丹南山岳自転車部録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【スペシャライズド】自転車バラシ&組み立ての道のり@【分解】

<<   作成日時 : 2009/10/09 13:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

経緯はこんな感じ。

ANTHEM購入
ANTEHM到着
組み立て事前調査

工具が届き、早速スペシャライズドをバラシにかかりました。
長い間お疲れ様でしたー。
ANTHEMのコンポを新規購入するまで、しばらく休んでてねー。
画像



まずはチェーンを外します。
そして洗浄。かなり汚れています。
画像


その後クランクを外します。
クランクは、XTR FC−M952 4アームです。
このクランクは、外すのに専用工具は要りません。
8mmのアーレンキーで、ネジを回せば外れます。
画像



反対側も外します。
画像



外れました。
画像



次にBBを外します。ここが一番難解な部分です。ここさえ出来れば、なんとかなります。
BBは、XTR BB−M950です。
ここで専用工具の登場です。
画像




左側から外します。まずはロッキングをゆるめて
画像


アダプターユニットを外します。
画像


外れました。
画像


次は右側をゆるめます。
画像



外れました。相当汚れています。買って以来、初めて外しますからねぇ。
グリスの粘度も相当落ちています。
画像

画像




中には、まだカクタスカップの時に入ったと思われる水がありました。
画像



アダプターユニットの中には、ボールベアリングとニードルベアリングが。
これ、すぐにバラバラになっちゃいます。どこかに転がっていったらそこで糸冬 了ですw
かなり小さい部品なので、見つけるのは困難です。
バケットは必需品です。
新しいグリスなら粘度が高いのでベアリングがボロボロ落ちることは少ないのですが、劣化し粘度が相当落ちているため、ベアリングはすぐ落ちてしまいました。
これでは部品同士の摩擦が増え、耐久性が落ちてしまいます。
定期的なグリスアップは必須です(o-ω・)(・ω-o)ネ-
画像


ベアリングを掃除します。
画像

画像




綺麗になったら、組み立てます。
カセットにグリスを塗って、ベアリングを一個一個はめ込みます。
100均で買ったピンセットが大活躍です。
画像



左右両方やり、BBのグリスアップ完了です。
画像



BBが終われば、あとは楽です。
ディレーラーを外します。アーレンキーでネジをゆるめるだけです。
画像




フロントサスも外して。(写真撮るの忘れたw)
これもアーレンキーで各所のネジをゆるめるだけです。

バラシ糸冬 了です。
画像


フロントサスの下玉押しを外すのは、専用工具(凄く高いので、買えない…)が必要ですので、これはウメダさんに持ち込んで抜いてもらいます。
画像



とりあえず、ここまでは終わりました。
なんだかんだで、ここまで4時間くらいかかりましたねぇ。
慣れれば、もう少し短縮できるんでしょうか。


あとはANTHEMに組み込んでいきます。それはまた後日。


執筆:ブリーザ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【スペシャライズド】自転車バラシ&組み立ての道のり@【分解】 丹南山岳自転車部録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる