丹南山岳自転車部録

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡の復活

<<   作成日時 : 2010/12/15 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

最近なんだかいいことが多いakiです。
つい先日も奇跡的なことが起こったのでご報告。

その前に、実は今年のJ1最終戦、瀬女で、akiの大事な オルベアアルマ号のフレームが壊れてしまいました。
シートポストをクランプしている箇所のすぐ下、
画像


横方向にほぼ全周、300度位クラックがまわっていて首の皮1枚で繋がっている様な状態。
画像



半ば諦めかけていたのですが、オルベアには「フレーム永久保障制度」があるんだとか。
トレックとかでも聞いたことような・・・。

で、輸入元のD社さっそく問い合わせ。
残念ながらレースで使用したフレームは対象外とのことでしたが、(ならカタログであんなにレースイメージ全面に押し出すなよー、って言いたかった)有償で修理可能とのこと。

いったん見積もりを出してもらい納得の上で修理に踏み切ったわけです。




前振りが長くなりましたが、そのフレームがつい先日帰ってきました。
画像

・・・奇跡です。奇跡が起きました。

画像

カーボンファイバーの織物の継目から、割れてる部分をバッサリ切り取って新たに作り直したみたい。

画像

その上元より分厚くなっていて、それに合わせたクランプ金具が2個も付いてきました!!

費用はすべて合わせて¥50000弱。
安くはありませんが新品¥20万程度のフレームを新たに買うこと考えるとリーズナブルだし、
想像以上の仕上がりの良さに大・大・大満足でした。

日本に匠の技に感謝!これからも大切にしていきます。

ものづくり大国日本に生まれて良かったと思うakiでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
修復可能なクロモリやカーボンならともかく、
アルミは割れたらOUTですよねー

僕のフレームはメインがアルミ、
大事に乗らないと・・・
ひろろー
2010/12/15 20:54
カーボンも壊れる程度しだいだとは思いますが。
私が前乗ってたアルミの部分はかなり凹んだまま何年も頑張りました。
錆にも強いアルミの方が安心かと思います。
ひろろーは、壊れることなんて気にせずガンガン攻めてください
ケガは程々に。

にしても、akiのALMA復活はめでたい!!
スーパーサイヤ人のような活躍に期待します
kan
2010/12/15 23:00
ほんとに嬉しいです。
これをきっかけに、スーパーサイヤ人の「今まではなんだったの?」的パワーアップは無いにしても、気持ち15%UP位でがんばろーと想います、ハイ。
aki
2010/12/18 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡の復活 丹南山岳自転車部録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる